ブログ

  1. 【動画】2017夏・高校野球埼玉大会チーム紹介(7/4更新)

     7月1日から県内ケーブルテレビの「J:COM」で夏の高校野球埼玉大会のチーム紹介が放送されています。この模様はインターネットでも見ることができます。

  2. 日本高野連「育成功労賞」に武南元監督の小野田氏ら選出

     日本高校野球連盟は8日、高校野球の育成と発展に尽くした指導者を表彰する「育成功労賞」の受賞者49人を発表し、埼玉からは武南元監督の小野田浩平氏(64)が選ばれた。 そのほかに、横浜(神奈川)の部長として松坂大輔(現ソフトバンク)らを育て、1998年に春夏連覇した小倉清一氏らが選ばれた。

  3. 浦学、2年ぶり6度目V 東海大相模に競り勝つ 春季関東大会

     第68回春季関東地区高校野球大会最終日は24日、茨城県の水戸市民球場で決勝が行われ、浦和学院(埼玉1位)が東海大相模(神奈川1位)に3-2で競り勝ち、2年ぶり6度目の優勝を決めた。 浦和学院は2回裏、先頭の山本が中越え三塁打で出塁すると、無死三塁から秋山の中前適時打で1点を先制した。

  4. 浦学、日大三に6-4で競り勝ち決勝進出 春季関東大会

     第68回春季関東地区高校野球大会は23日、茨城県の水戸市民球場で準決勝2試合が行われ、決勝に進む2校が出そろった。県勢では浦和学院が日大三を6-4で下し、決勝進出。 浦和学院(埼玉1位)は日大三(東京2位)と対戦。浦和学院は1回裏、1死満塁から暴投と秋山の左前適時打で3点を先制した。

  5. 浦和学院、前橋育英を破り準決勝進出 春季関東大会

     第68回春季関東地区高校野球大会は22日、茨城県の水戸市民球場、ひたちなか市民球場で準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。県勢では浦和学院が前橋育英を2-0で下し、ベスト4進出。 浦和学院(埼玉1位)は前橋育英(群馬1位)と対戦。3回裏、1死三塁から家盛の中安で1点を先制。

  6. 浦学、横浜下し8強 徳栄は早実に延長で惜敗 春季関東大会

     第68回春季関東地区高校野球大会は21日、茨城県の水戸市民球場、ひたちなか市民球場で2回戦の残り6試合が行われ、ベスト8が出そろった。県勢では浦和学院が横浜を2-0で下し、ベスト8進出。花咲徳栄は延長10回タイブレークの末、早稲田実に9-10で惜敗した。

  7. 浦和学院が5連覇 花咲徳栄に延長サヨナラ 春季県大会

     春季高校野球県大会最終日は6日、県営大宮球場で決勝戦が行われ、浦和学院が花咲徳栄に7-6で延長10回サヨナラ勝ちし、5年連続14度目の優勝を果たした。 両校ともにエースを温存し、浦和学院は近野、花咲徳栄は中山が先発した。

  8. 来夏の甲子園、100回大会は最多の56校 埼玉は2校出場

     日本高校野球連盟は19日、第100回の記念大会となる来夏の全国選手権大会を史上最多の56校で行うと発表した。 福岡から初めて2校が出場する。日程は8月5日からの17日間(休養日1日を含む)で、同2日に組み合わせ抽選会が開かれる。今月26日の理事会で正式に決定する。

  9. 2017年県内高校野球指導者の人事異動情報

     紙面で公式発表された情報を元に、埼玉県内の高校野球指導者の人事異動(平成29年度4月1日付)をまとめました。

  10. 2016年(第98回大会)埼玉大会優秀選手

     日本学生野球協会表彰選手氏 名学校名守備位置学年岡崎 大輔花咲徳栄遊撃手3年 第98回全国選手権埼玉大会優秀選手氏 名学校名守備位置学年高橋 昂也花咲徳栄投 手3年...



天気予報

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

@saitamabb

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る