ブログ

  1. 夏の甲子園 埼玉県大会は7月7日開幕、24日決勝

     今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の埼玉大会(県高野連など主催)の日程が7月7~24日に決定した。同大会では、南北ブロックに分けて争われ、それぞれの優勝校が甲子園に出場する。開会式と開幕試合は7日、県営大宮公園球場で行われる。

  2. 2017年(第99回大会)埼玉大会優秀選手

     日本学生野球協会表彰選手氏 名学校名守備位置学年千丸 剛花咲徳栄二塁手3年 第99回全国選手権埼玉大会優秀選手氏 名学校名守備位置学年清水 達也花咲徳栄投 手3年...

  3. 2017年埼玉県内の高校球児の進路先(3/6更新)

     紙面やホームページなどで公式発表された情報を元に、埼玉県内の高校に在籍している主な選手(3年生)の進路先をまとめました。随時更新します。

  4. 市立川越、21世紀枠推薦辞退 中学生の練習参加で

     日本高校野球連盟は5日、来春の第90回選抜大会の21世紀枠候補校として埼玉県高野連から推薦されていた市川越が、中学生を練習に参加させていた違反行為があったとして、一般選考を含む推薦を辞退したと発表した。

  5. 県高野連、来春の選抜「21世紀枠」に市立川越を推薦

     県高校野球連盟などは7日、来春の第90回記念選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に市立川越高校を選んだと発表した。 1930年創部で、現在の部員数は57人。89年の夏の甲子園に初出場した。

  6. 2017年度ドラフト会議結果(県内高校関係者4名指名)

    県内の高校関係者は4名指名されました。おめでとうございます。

  7. 花咲徳栄、中央学院に逆転負け 県勢姿消す 秋季関東大会

     第70回秋季関東地区高校野球大会は24日、横須賀スタジアムなどで1回戦4試合が行われた。今夏の甲子園で県勢初の優勝を果たした花咲徳栄(埼玉1位)は、中央学院(千葉2位)に3-6で逆転負けした。市立川越(埼玉2位)も23日の1回戦で敗れており、県勢の選抜出場は厳しくなった。

  8. 市立川越、8強逃す 國學院栃木に1-2で惜敗 秋季関東大会

     第70回秋季関東地区高校野球大会は23日、サーティーフォー保土ヶ谷球場(横浜市)などで1回戦3試合が行われた。埼玉県勢は、市立川越(埼玉2位)が國學院栃木(栃木1位)に1-2で敗れ、初戦で姿を消した。24日は横須賀スタジアムで花咲徳栄(埼玉1位)が中央学院(千葉2位)と対戦する。

  9. プロ野球志望届締め切り 県内高校生は4人提出

     日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は12日、プロ入りを希望する選手に提出を義務づけた「プロ野球志望届」の受け付けを締め切った。同日午後5時時点で届けのあった高校生106人、大学生104人の210人が、26日にあるプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議の指名対象になる。

  10. 花咲徳栄が4年ぶり5度目V 市川越下す 秋季県大会

     秋季高校野球県大会は2日、さいたま市大宮区の県営大宮球場で決勝が行われ、花咲徳栄が市川越を8-2で下し、4年ぶり5回目の優勝を果たした。両校は21日に神奈川県で開幕する関東大会に出場する。関東大会の結果は、来春のセンバツ出場校の選考で重要な参考資料になる。



【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

@saitamabb

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る