ブログ


日本高野連「育成功労賞」に武南元監督の小野田氏ら選出

 日本高校野球連盟は8日、高校野球の育成と発展に尽くした指導者を表彰する「育成功労賞」の受賞者49人を発表し、埼玉からは武南元監督の小野田浩平氏(64)が選ばれた。

 そのほかに、横浜(神奈川)の部長として松坂大輔(現ソフトバンク)らを育て、1998年に春夏連覇した小倉清一氏らが選ばれた。

 対象は、原則として監督か野球部長を20年以上務めた指導者。各都道府県高野連の推薦を受けて選出した(北海道、東京は2人ずつ)。山形、山梨、富山、三重、滋賀、岡山、香川、沖縄の8人は、8月15日の全国選手権大会第1試合開始前に甲子園球場で表彰する。

 受賞者一覧はこちら

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る