ブログ


山村学園、春日部共栄破り初4強 ベスト4決定 春季県大会

 春季高校野球県大会は1日、県営大宮、上尾市民の両球場で準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。

 4連覇を目指すAシード浦和学院は前回8強の春日部東と対戦。浦和学院は2回表、2死満塁から山本の当たりが遊撃手後方に落ちる内野安打となり、2点を先制。

 春日部東は8回まで先発大澤の前に3安打に抑えられていたが、9回表、この回から登板のエース榊原から無死一、二塁とチャンスを作る。しかし、続く小林は犠打失敗で、後続打者も打ち取られ試合終了。浦和学院が大澤、榊原の継投で春日部東打線を4安打無失点に抑え、4年連続の準決勝進出。

 選抜に出場したAシード花咲徳栄は前回4強の聖望学園と対戦。花咲徳栄は1回表、2死満塁から二ゴロ失策で2点を先制。聖望学園はその裏、2死満塁から西野の右中間への適時打で2点、中継が乱れる間にもう1点を追加し、2-3と逆転に成功。

 4-5とリードを許し迎えた花咲徳栄は8回表、1死一、二塁から野本の三塁線を破る適時打で同点。1死二、三塁から千丸の中前適時打で勝ち越した。さらに、1死満塁から岡本の犠飛と西川の右越え適時二塁打、山本の遊撃手強襲2点適時打でこの回大量6点を奪い、10-5と逆転。花咲徳栄が集中打で聖望学園を下し、3年ぶりのベスト4進出。聖望学園は7回途中から登板したエース加藤が8回に大量失点したのが誤算だった。

 Bシード上尾は西武文理と対戦。上尾は1回裏、1死満塁から大橋の適時二塁打で2点を先制。5回裏は山口が右翼席へソロ本塁打を放ち、もう1点を追加した。上尾先発の渡部は西武文理打線を5安打完封し、3-0で勝利した。上尾のベスト4進出は5年ぶり。

 初のベスト8で勢いに乗る山村学園はBシード春日部共栄と対戦。山村学園は1回表、2死一、三塁から重盗で1点を先制。2回表は2死二塁から金子の右前適時打でもう1点を追加した。4回表は2死一塁から涌井の中前打を後逸し、3-0とリードを広げた。6回表は3四球と犠打で1死満塁とすると、山本の二ゴロが悪送球となり2点を追加。

 0-6と大量リードを許した春日部共栄は7回裏、2死二塁から大道の内野安打と敵失で1点返すも反撃はここまで。山村学園がBシード春日部共栄に快勝し、春・夏・秋を通じて初のベスト4進出を決めた。春日部共栄はミスが失点につながるなど精彩を欠いた。

 1日間の休養日を挟み、3日に県営大宮球場で準決勝が浦和学院-上尾(10時)、山村学園-花咲徳栄(12時30分)のカードで行われ、関東大会に出場する2校が決定する。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る