ブログ


39校の対戦相手決まる 春季県大会、23日開幕

201604211500 春季高校野球県大会の組み合わせ抽選会が20日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、39校の対戦相手が決まった。昨秋の県大会を制し今大会4連覇を目指すAシード浦和学院は本庄東、昨秋準優勝で選抜に出場したAシード花咲徳栄は星野とそれぞれ対戦する。

 春季県大会は前年の秋季県大会ベスト4のチームがシード校となるが、昨秋4位の狭山ヶ丘が地区予選で敗退したため、規定によりベスト8(山村学園、西武台、上尾)の中から投票により上尾がBシードとなった。

 大会は23日に開幕し、県営大宮、上尾市民、熊谷公園、所沢航空の4球場で熱戦が繰り広げられる。順調に日程を消化すれば決勝は5月4日に行われる予定。ベスト16のチームが夏の全国選手権埼玉大会のシード権を獲得し、上位2校は関東高校大会(5月21~25日・群馬)に出場する。

 大会は全試合有料で一般500円、中高生200円。引率された少年野球・中学生チーム(引率者・保護者は有料)、障害者(障害者手帳の提示必須)と介添え者1人、小学生以下は無料。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る