ブログ


花咲徳栄校舎に出場祝う垂れ幕 第88回センバツ

完成した垂れ幕は、同校初代校長で野球部長を18年間兼務した故佐藤照子さんが好んだ梅の木の上にはためいた

完成した垂れ幕は、同校初代校長で野球部長を18年間兼務した故佐藤照子さんが好んだ梅の木の上にはためいた

 第88回選抜高校野球大会に出場する花咲徳栄(加須市花崎)の校舎に12日、「祝センバツ出場」と書かれた垂れ幕が掲げられた。3月20日の開幕に向け、野球部の岩井隆監督は「学校中が盛り上がっていてありがたい。身が引き締まる思いだ」と話した。

 この日、校舎屋上から垂れ幕が降ろされると、見守っていた野球部員や一般の生徒らから歓声が上がった。岩井監督によると、組み合わせ抽選まで1カ月となった11日には選手を集め、「実戦を想定した練習を増やし、戦うためのチームを作っていく」と話し、気を引き締めたという。

(毎日新聞埼玉版)

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る