春の甲子園大会

県高野連、来春の選抜「21世紀枠」に川口市立を推薦


Print Friendly, PDF & Email

 県高校野球連盟などは6日、来春の第92回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に川口市立高校(川口市)を選んだと発表した。

 同校野球部は旧市立川口高校創立の1956年に創部し、現在の部員は48人。昨年4月に市立川口、市立県陽、市立川口総合の3校を統合して開校。元巨人投手の斎藤雅樹さんら4人のプロ野球選手を輩出している。

 春、夏とも甲子園出場経験はないが、市立川口時代には夏の県大会で3度準優勝の経験がある。今秋の県大会で春日部共栄を破り、33年ぶりとなるベスト4に入った。

 県高野連は選出理由について「限られた練習時間の中で4強に進出した。地域との関わりも強く、学業と野球部活動を両立させている」としている。西澤虎太朗主将(2年)は「評価していただいてありがたい。(もし選ばれたら)甲子園では公立校らしく全員で泥臭い野球をしたい」と語った。

 21世紀枠は全国9地区の選考会(12月中旬頃に埼玉を含む関東・東京で1校を推薦する)を経て来年1月に大会に出場する3校が選ばれる。

野球用品はミズノ
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA