ブログ



浦和学院、川口に大勝で5年ぶりV 高校野球南埼玉大会

 第100回全国高校野球選手権記念南埼玉大会は23日、県営大宮球場で決勝が行われ、Aシードの浦和学院がノーシードで初の甲子園出場を目指した川口に17-5で大勝し、5年ぶり13度目の甲子園出場を決めた。決勝での17得点は最多得点記録。

 試合は1回表、浦和学院が4番上野の右前適時打と5番佐野の犠飛で2点を先制。対する川口も1回裏、5番佐藤の左前適時打などで同点に追いつく。

 流れが変わったのは2回。2死一、二塁で浦和学院の主将・蛭間が右翼越えの3点本塁打を放ち、この回5点を挙げて川口を突き放した。

 浦和学院の先発渡邉は時折制球に苦しんだものの、2~6回まで無失点の好投。森監督は「蛭間の本塁打は非常に大きい一発だった。(勝ち越した後の)次の回から渡邉がきっちり守り、試合の流れができた」と振り返る。

 ここまでノーシードから勝ち上がってきた川口も浦和学院相手に7回に1点、8回に2点を返す意地を見せたが、序盤の大量失点が最後まで重くのしかかった。

 浦和学院は終盤の8、9回にも佐野の中前適時打や8番畑の右前適時打で計9点を追加して試合を決めた。蛭間主将は「つらい練習もあったし、主将としてチームをまとめられないこともあったが、最後には総合力で優勝できた。甲子園では泥臭いながらも全力でプレーしたい」と力を込めた。

拍手する

          


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

最近の記事

Twitter

<高校野球>松山選出されず 選抜大会の21世紀枠候補、埼玉県大会16強で県高野連から推薦

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る