ブログ


浦学、2年ぶり6度目V 東海大相模に競り勝つ 春季関東大会

 第68回春季関東地区高校野球大会最終日は24日、茨城県の水戸市民球場で決勝が行われ、浦和学院(埼玉1位)が東海大相模(神奈川1位)に3-2で競り勝ち、2年ぶり6度目の優勝を決めた。

 浦和学院は2回裏、先頭の山本が中越え三塁打で出塁すると、無死三塁から秋山の中前適時打で1点を先制した。4回まで1安打に抑えられていた東海大相模は5回表、2死二塁から菊池の遊ゴロが悪送球となり、1-1の同点に追いついた。

 先発の近野は味方のミスで1点を失ったものの、5回を2安打に抑え試合をつくった。6回から2番手で渡邉が登板。7回表、2死三塁から菊池の右前適時打で1点を奪われ、勝ち越しを許した。

 東海大相模は8回裏、3番手で左腕安里を投入。1死満塁から本田が左前適時打を放ち同点に追いつくと、続く佐野がスクイズを決め、3-2と勝ち越しに成功した。

 浦和学院は8回から3番手で左腕佐野が登板。8、9回を三者凡退に抑えた。3投手のリレーで東海大相模を4安打に封じた浦和学院が3-2で東海大相模に競り勝った。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る