ブログ



夢の花咲け徳栄・センバツ’16 選手紹介(3)

俊足で安打量産 高橋哉貴右翼手(2年)

201603101300 俊足、強肩の右翼手だ。岩井隆監督が「バントなど多彩な技術も駆使できる」と評価する通り、昨秋の公式戦の犠打飛数は7とチーム最多。持久力に優れ、長距離走のタイムはチーム1、2を争う。

 今冬は打撃練習に力を入れ、すくいあげてフライになりがちだった打法を修正、たたきつけるバッティングを体得した。対戦投手は全員打ち崩し、ヒットを量産する気構えでセンバツに臨む。

 今年の目標は「野球は一瞬で変わる。その一瞬を大切にしないといい選手になれない」と考えて書いた。後輩に頼られる面倒見の良い先輩でもある。今回のセンバツ行進曲「もしも運命の人がいるのなら」を歌う西野カナさんのファンで、試合前に聴いて気持ちを高めたいという。

 身長178センチ、体重73キロ。右投げ右打ち。昨秋の公式戦打率は3割5分7厘。

勝負強さに自信 西銘築一塁手(2年)

201603101301 勝負強さには自信がある。昨秋の公式戦では、7番の下位打線ながら4割超の高打率をマーク。出塁して上位打線につなげた。直球も変化球も、ジャストミートできるバッティングが持ち味だ。

 常に「チーム全員がレギュラー入りを争うライバル」と気を引き締める。1年生の時に一緒に練習した先輩の久々宇(くぐう)竜也選手が、レギュラーでも気を抜くことなく練習に打ち込んでいた姿がお手本だ。

 野球好きの父に2、3歳のころから毎日のように公園に連れていかれ、ボールになじんだ。甲子園出場は、親子の夢だった。今年の目標は、そんな父と母への感謝の気持ちを表した。大舞台では「みんなが打てない時も自分が打ってチームを救いたい」と決意を込める。

 身長172センチ、体重77キロ。右投げ右打ち。昨秋の公式戦打率は4割2分9厘。=つづく

(毎日新聞埼玉版)

拍手する

          


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

最近の記事

Twitter

埼玉県は関東勢で唯一優勝経験がなかったが、2017年の夏の高校野球甲子園大会での初優勝には歓喜に沸いた #埼玉あるある

埼玉県立熊谷高校硬式野球部顧問、赤坂であります!#サカスあるある

更なる飛躍を誓う静岡から巣立った期待の野球未来人②

◆国士舘大
山田裕介(常葉菊川)

◆埼玉西武ライオンズ
鈴木将平(蒲原シニア-静岡)

◆読売ジャイアンツ
加藤脩平(蒲原シニア-磐田東)

◆東邦ガス内定
辻本宙夢(静岡-駒大)

◆栗林俊輔氏(静岡高校野球部監督)

#静岡県高校野球

埼玉県立熊谷高校硬式野球部顧問、赤坂であります!#サカスあるある

高校野球 花咲徳栄・岩井監督が優秀教職員として文部科学大臣表彰 一昨年夏の全国高校野球選手権優勝校、花咲徳栄(埼玉・加須市)の監督、岩井隆教諭(48)が15日、東京都内で平成30年度の文部科学大臣優秀教職員… https://t.co/8v9lnaRBoG

スポーツニュースならSANSPO.COM(サンスポ)

...

SANSPO.COM

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る