ブログ


彩の国野球フェスティバル 県内の高校球児が中学生指導

 夏の全国高校野球選手権埼玉大会でベスト8入りしたチームの選手らが中学生を指導する「第20回彩の国野球フェスティバル」(県高野連など主催、毎日新聞さいたま支局など後援)が14日、県営大宮公園野球場(さいたま市大宮区)で開かれ、県内の約200人が守備や打撃などの手ほどきを受けた。

 この日はあいにくの雨となったが、高校球児ら約50人がグラウンドやブルペンなどで指導。今夏の甲子園でベスト8進出に貢献し、埼玉西武からドラフト4位指名を受けた花咲徳栄の大滝愛斗選手(3年)も参加し、「うまい選手も結構いたので、甲子園を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。

 久喜市立鷲宮西中学2年の池沢広成選手は「今後も野球を続け、教えてくれた高校生のようないい選手になりたい」と目を輝かせていた。

(毎日新聞埼玉版)

※このフェスティバルの模様は埼玉県高野連のホームページにも写真付きで掲載されています。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る