出来事・ニュース

埼玉西武、花咲徳栄・大滝選手に指名挨拶「チームに貢献したい」


Print Friendly, PDF & Email

西武の前田育成アマチュア担当部長(左)、大島育成アマチュア担当(右)から指名あいさつを受けたドラフト4位の花咲徳栄・大滝(中央)西武の前田育成アマチュア担当部長(左)、大島育成アマチュア担当(右)から指名あいさつを受けた花咲徳栄・大滝(中央)

 プロ野球のドラフト会議で花咲徳栄高校(加須市花咲)の大滝愛斗選手を4位指名した埼玉西武ライオンズの担当者が27日、同校にあいさつに訪れた。大滝選手は「ほっとした気持ちから、これからがスタートという思いに切り替わった」と意気込んだ。

 同校を訪問した大島裕行・編成部育成アマチュア担当は指名理由について「走攻守そろったいい選手。1年間タフに戦える選手になれる」と期待し、前田俊郎・編成部育成アマチュア担当部長は「しっかりした物おじしない選手。(プロで)耐えられる体とハートを持っている」と評価した。2人を迎えた大滝選手は「甲子園より緊張した」と硬い表情だったが、「西武の一員として、いつ誰に見られてもすばらしい選手であり、人であるように行動したい」と語った。

 大滝選手は夏の甲子園後も翌日からバットを木製に替え、自主練習を続けている。今も納得がいかないと、午後10時ごろまで素振りをしているといい、「走攻守すべてをレベルアップし、チームに貢献したい」と力を込めた。

(毎日新聞埼玉版)

野球用品はミズノ
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA