ブログ


逆境の東京成徳大深谷が臨む勝負の夏

バッティングセンターの一部を借りて練習する東京成徳大学深谷高ナイン

バッティングセンターの一部を借りて練習する東京成徳大学深谷高ナイン

 全国高校野球選手権の地方大会が20日に沖縄と南北海道で開幕し、いよいよ熱戦の火ぶたが切って落とされた。甲子園常連の強豪校、まずは1勝をというチーム…目標はさまざまだろう。激戦区の埼玉にも、降ってわいたような厳しい状況にもめげず、勝負の夏に向かおうとしているチームがある。初の甲子園を目指す東京成徳大深谷だ。

 今春県大会で初めて4強入り。ベンチ入りの上限(埼玉大会は20人、甲子園大会は18人)に満たない17人の選手は、全員が3年生だ。グラウンドを失い、入部する下級生もいなくなった苦境をはね返しての快進撃だった。

 1998年の創部以来の練習拠点を失ったのは昨年4月。企業から借りていたグラウンドは、ソーラーパネルの設置場所になった。新グラウンドのメドは立たず、バッティングセンターや球場を借りられるのは、それぞれ週1~2回。練習場所は日によって変わった。県8強に過去3度入った実績もあり、入部希望者はいたが、厳しい環境と事情を説明。結果的に、毎年20人前後いた新入部員は昨年からなく、3年生17人が残った。

 6月上旬、ある日の練習のスタートは、バッティングセンターから。一般客の横の限られた空間で、いがぐり頭の部員たちが、貴重なマシン打撃の機会に没頭している。きびきびと後片付けを終えると、バスで移動して、神社周辺の山道をランニング。最後は学校の体育館で、基礎トレーニングだ。「ベスト8からベスト4の壁は大きいんです。まさかこの代で…苦労している分なのかな。野球の神様っているんだなと思いました」。想像以上の成長を遂げた教え子に、泉名(せんみょう)智紀監督(45)は目を細める。

 「グラウンドがなくなると聞いた時、最初は『えっ!?』と思って、受け入れられなかった。居残り打撃とかの自主練習ができなくなったのが一番きつかった」と、主将の高橋滉斗内野手(3年)。場所もない、人数も少ない。しかし、試練が自立を促した。昨夏大会後、選手で決めた新チームのテーマは「愛」。人任せにせず、一人一人がチームを思う姿勢を追求した。練習量は減って実戦感覚は不足しても、わずかな時間とスペースを見つけ、考え動いて、可能な練習をする知恵が身についていった。

 ティー打撃をする者の後ろでは、手で転がしたゴロ捕球の反復練習をする者、その横では通常の半分の距離でバント練習をする者…常に無駄をなくそうとする毎日を過ごすことで、試合中の「気づき」も増え、状況判断は格段に良くなった。キャッチボールなど基本中の基本の練習中心にならざるを得なくなり、逆にカバーリングなどの意識も向上した。

 そして、何よりの産物は一体感だ。高橋は「オフにも、全員で遊びに行くようになりました。同じ学年が17人。本気でみんなで言い合える」と話す。バスで移動する車中でも、ミーティングが自然発生するようになった。4強入りした春の大会では、逆転やサヨナラを含めた接戦での勝利がほとんど。固くなった結束が、勝負強さとなって表れた。

 17人の快進撃は、周囲の心も打った。ベンチ外の部員がいないため、大会ではOBがスタンドで太鼓をたたき、声を張り上げてエール交換も行い、応援団になった。「他の高校に負けないくらい、あんなに応援してくれた。感謝しています」と高橋。夏はOBの思いも背負って戦おうと、全員で誓っている。

 昨年の新チーム結成時、泉名監督は「奇跡がないと甲子園には行けない。だけど、諦めるわけにはいかない。『根拠のある奇跡』を起こそう!」と、ナインに語りかけた。知恵を絞り、汗を流した練習-。ここまで「根拠」となる日々を重ねてきた自負はある。

 下級生がいないため、今秋以降の公式戦参加の見通しは立っていない。指揮官は「帰ってくる場所がないのはOBに申し訳ない。何とかしたい」と、新グラウンド探しにも奔走を続けている。

 ひとまずは区切りとなる勝負の夏。高橋は「自分たちの集大成だと思う。『根拠のある奇跡』を起こして、甲子園に出たい」と、表情を引き締めた。明るく、楽しく、はつらつと、どんな状況でも諦めないのが“成徳野球”。その伝統を貫く姿を示した先に、再び歴史が紡がれる日が来ることを信じて、17人は灼熱(しゃくねつ)のグラウンドに立つ。

(デイリースポーツ)

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • さいたま市主婦成徳OBより
    • 2015年 6月 23日

    熱い取材をしていただき感謝いたします。
    私が一年の時に野球部が大宮県営にて、始めて夏の公式戦をして観戦したことを思い出しました。春の大会三位決定を見に行き悔しくて涙が出ました。今度は大宮県営で歓喜の涙を流しましょう↑

      • 保護者
      • 2015年 6月 24日

      OBさん応援コメント有難うございます。
      3位決定戦もご覧頂いたとの事、感謝の気持ちで一杯です。
      間違いなく皆様のこうした応援がく子供達の背中を押してくれていました。本当に有難い限りです。
      子供達が、懸命にプレーする事が皆様の気持ちにお応えする事になる事と思います。
      引き続き応援頂ければ幸いです。有難うございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る