ブログ


西武台、松山に延長10回サヨナラ勝ち 春季県大会

 春季高校野球県大会は23日、上尾市民など3球場で開幕し、1回戦7試合が行われた。

 地区予選で埼玉栄を破った昨秋8強の西武台は昨夏4強の松山に延長戦の末、競り勝った。西武台は4回裏、相手の連続失策で無死一、三塁の好機を築くと、続く唐沢の内野ゴロ併殺の間に走者が生還し、1点を先制。松山は6回表、2死一、二塁から鈴木の中前適時打で同点に追い付きそのまま延長戦に突入。西武台は10回裏、2死一、二塁から3番増田が決勝打となる中前適時打を放った。

 大宮西は本庄第一に5-0で完封勝ち。1回表、1死三塁から中野の中前適時打で1点を先制すると、2回表は1死三塁から佐々木の犠飛でさらに1点を追加した。3回表、4回表にも1点ずつ追加し4-0で迎えた大宮西は8回表、2死二塁から村松の左越え適時二塁打で1点を加え、5-0で勝利した。

 そのほか、大宮東は坂戸西を7-0の7回コールドで下した。早大本庄は9安打で8点を奪い、熊谷商に8-1で7回コールド勝ち。川越工は0-0で迎えた9回裏、2死満塁から押し出し四球で川越にサヨナラ勝ち。大宮南は慶應志木に5-4で逃げ切り勝ち。正智深谷は大宮武蔵野を8-1の7回コールドで下し、2回戦進出。

 24日は4球場で2回戦9試合が行われる。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る