ブログ


来春の選抜「21世紀枠」候補校に上尾など9校選出

 来春の第88回選抜高校野球大会の21世紀枠候補校が11日発表され、上尾(埼玉)など9校が選ばれた。9校はすべて公立校。埼玉県勢が関東の21世紀枠候補校に推薦されるのは初めて。

 選考委員会は来年1月29日に行われ、9校の中から東日本(北海道、東北、関東、北信越、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)から各1校ずつ、地域を限定せず1校の計3校が21世紀枠として選抜に出場する。県勢初の21世紀枠での選抜出場なるか注目される。

 公立校として唯一8強入りした今年の秋季県大会での活躍や、ボランティア活動への参加などが評価された。春夏合わせて7回の甲子園出場を誇り、プロ野球選手や高校野球指導者を多数輩出している。また、部員の多くは商業科に在籍。難関資格取得にも取り組むなど「文武不岐(ぶんぶわかたず)」の校訓を実践しているという。

 曽根校長はこの日、候補校決定を受けて野球部員を集め「おめでとう。野球での活躍がベースにあってのことだが、文武不岐の姿勢や地域への貢献など、普段の姿も認められて選ばれたと思う」と伝え、「私もうれしい。君たちのおかげで、センバツ出場校が決まる来年1月29日は、どきどきしながら連絡を待つことができます」と笑顔を見せた。

21世紀枠各地区の推薦校

推薦校 都道府県 秋季大会の成績
◇北海道
札幌清田 北海道 道4強
◇東北
釜石 岩手県 県準優勝、東北大会初戦敗退
◇関東
上尾 埼玉県 県8強
◇北信越
長野 長野県 県4強
◇東海
宇治山田 三重県 県8強
◇近畿
長田 兵庫県 県8強
◇中国
出雲 島根県 県3位、中国大会8強
◇四国
小豆島 香川県 県優勝、四国大会初戦敗退
◇九州
八重山 沖縄県 県優勝、九州大会8強

過去の「21世紀枠」県・関東の推薦校

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る