ブログ

  1. 花咲徳栄、樟南に逆転勝ちで3回戦進出

     夏の甲子園大会第9日の15日、県代表の花咲徳栄は樟南(鹿児島)を6−3で破り、3回戦に進んだ。花咲徳栄は1点を先制されたものの、六回に楠本晃希選手(3年)の適時二塁打などで一挙4点を奪って逆転。七回にも2点を加え、樟南の追い上げを振り切った。

  2. 花咲徳栄、初戦快勝発進 大曲工に6-1

     夏の甲子園大会第4日の10日、県代表の花咲徳栄は初出場の大曲工(秋田)に6−1で快勝して2回戦に進出した。花咲徳栄は初回に先制すると、中盤以降も効果的に追加点を挙げた。大会屈指の左腕として注目される高橋昂也投手(3年)は、被安打10と苦しんだが11三振を奪い、1失点と粘りの投球を見せた。

  3. 花咲徳栄、2年連続4度目V 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は27日、県営大宮球場で決勝を行い、花咲徳栄が聖望学園に6-0で完勝し、2年連続4度目の優勝を果たした。花咲徳栄の甲子園出場は昨夏から3季連続。今大会を無失策で終え、堅守が光った。聖望学園は、相手の高橋昂也投手を打ち崩せなかった。

  4. 聖望学園、花咲徳栄が決勝進出 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は26日、県営大宮球場で準決勝2試合が行われた。第1試合は聖望学園が6-5で大宮東を振り切って4年ぶりの決勝進出。第2試合は花咲徳栄がエース高橋昂也投手の好投で春日部共栄を5-0で完封し、2年連続で決勝に進んだ。

  5. 22日の試合は再順延 準決勝・決勝は連戦に 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は22日、3球場で5回戦8試合を行う予定だったが、雨のため再度順延となった。5回戦8試合は23日に行われる。時間・球場に変更はない。 また、3連戦になるのを避けるため準決勝が25日(月)から26日(火)に変更となった。このため、準決勝、決勝は連戦となる。

  6. 21日の試合は雨天順延 決勝は27日に 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は21日、3球場で5回戦8試合を行う予定だったが、雨のため22日に順延となった。 準々決勝以降の日程も1日ずつ繰り下がる。準々決勝は24日(日)、準決勝は25日(月)に実施され、当初26日(火)の予定だった決勝戦は27日(水)に行われる。時間や球場に変更はない。

  7. ベスト16出そろう 大宮工は20年ぶり 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は18・19日に4回戦17試合が行われ、ベスト16が出そろった。 一昨年準優勝の市立川越は秋春優勝のAシード浦和学院を1-0で破った。創部5年目で初の4回戦進出と勢いに乗る星野はCシード春日部東に2-1で競り勝ち、ベスト16進出。

  8. あすから3回戦 熱戦期待 高校野球埼玉大会

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会は13日で1・2回戦が終了し、3回戦へ進む64チームが出そろった。ここまでシード勢ではBシード山村学園が川越東に、Dシード大宮西が上尾南にそれぞれ敗れたが、ほかのシード勢は順当に3回戦へ勝ち進んだ。 16・17日からは3回戦に突入。

  9. 158チームが参加して開幕 開幕戦は新座柳瀬がコールド勝ち

     第98回全国高校野球選手権埼玉大会の開会式が9日、県営大宮球場で行われ、同大会に出場する158チームが参加した。午前11時から行われた開会式はあいにくの雨模様。

  10. 2016年・第98回全国高校野球埼玉大会チーム紹介(3)

    ◇庄和監督 内迫博紀1 豊田悠真 (3)2 鈴木竜也 (3)3 柿沼尚樹 (3)4 根岸瑚朗 (3)5○鈴木優太 (3)6 川村元気 (3)7 坂部竜哉 (3)8 林遥希 (3)9 布施喜朗 (3)10 佐塚賢人 (3)11 斎藤大雅 (3)12 前野健 (3)13 吉田智弥 (2)14 小林隼人 ...



天気予報

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

@saitamabb

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る