出来事・ニュース

代替大会の準決勝、決勝は西武本拠地「メットライフドーム」で開催へ


Print Friendly, PDF & Email

 県高野連は17日、第102回全国高校野球選手権大会中止を受けて県独自に開催する代替大会「令和2年度夏季埼玉県高等学校野球大会」の地区代表4校による準決勝、決勝の計3試合を、プロ野球埼玉西武ライオンズの本拠地であるメットライフドーム(所沢市)で実施すると発表した。

 準決勝は22日、決勝は23日の予定。同球場を本拠地とする埼玉西武ライオンズ側の提案で実現した。当初は12球場を使用する予定だったが、これにより1球場が追加され13球場となった。

 例年、埼玉大会の準決勝、決勝は県営大宮球場で行われているが、高校野球の試合でメットライフドームを使用するのは、西武球場だった1991年の第73回全国高校野球選手権埼玉大会以来、29年ぶりとなる。

野球用品はミズノ
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA