ブログ


浦和学院、花咲徳栄に競り勝ち4連覇 春季県大会

 春季高校野球県大会は4日、県営大宮球場で決勝戦が行われ、浦和学院が花咲徳栄を7-6で破り、4年連続13度目の優勝を果たした。

 戦前の予想通り両校ともにエースを温存し、花咲徳栄は本多、浦和学院は大澤が先発した。浦和学院は3回裏、2死一、三塁から諏訪の中安で先制。2死二、三塁からワイルドピッチでもう1点を追加した。

 対する花咲徳栄は4回表、1死一、三塁から千丸の左安で1点を返すと、1死満塁から岡崎の中安で2点を奪い、逆転に成功。ここで浦学は2番手の黒川に交代。2死満塁から山本の中安で2点を追加、この回打者一巡の猛攻で5-2とリードを広げた。

 早めに追い付きたい浦和学院は5回裏、2死一、二塁から1年生で4番蛭間の二塁打で2点を返す。さらに6回裏、この回から登板の2番手清水の前に安打と敵失などで2死二塁とすると、杉山の中安で5-5の同点に追い付く。

 花咲徳栄は7回表、安打と敵失などで1死三塁とすると、本多の遊ゴロの間に1点を追加し、再びリードを奪った。その裏、浦和学院は2死一、二塁から梶山の左安で同点とすると、2死一、二塁から米須の右安で逆転した。

 6-7と1点リードを許し迎えた9回表、花咲徳栄の攻撃。浦学はこの回からエース榊原を投入。2死一塁から代打隈本を送るが、二ゴロに打ち取られ試合終了。浦和学院が花咲徳栄とのシーソーゲームを7-6で制し、4連覇を達成した。

 両校は春季関東大会(5月21~25日・群馬)に出場。浦和学院は山梨2位の日本航空(21日、桐生球場・14時30分)と、花咲徳栄は山梨1位の東海大甲府(22日、敷島球場・10時)とそれぞれ初戦の2回戦で顔を合わせる。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

最近の記事

Twitter

北信越、東北の盛り上がりをよそに関東はすっかり静かになっちゃってたけど、いよいよ明後日からか❗

今回の春日部共栄⚾農大三高⚾の出来は、今後の埼玉高校野球の方向性に影響しそうな気がする。
無様な負け方をすると、皮肉にも予選敗退した2強の存在をより一層際立たせることになりかねない…

松山シャークス→宮城県大崎市立松山中学校軟式野球部→聖和学園高校女子ソフトボール部→ノース・レイア(東北レイア)→京都フローラ→埼玉アストライア→愛知ディオーネ(背番号15)
『はるちゃん』只埜榛奈ちゃん✨@tadanoharuna_15

松田クラブ(沖縄県宜野座村立松田小学校)→沖縄県宜野座村立宜野座中学校軟式野球部→神村学園高等部女子硬式野球部→東北レイア(レイア)→京都フローラ→埼玉アストライア(背番号2)
全国高等学校女子硬式野球選手権大会ベスト4(高校2年時)
『小さな巨人』前田桜茄ちゃん✨

埼玉県公立高校入試まであと「133」日

内海哲也(通算:133勝)

内海が勝たなきゃ巨人じゃない!まだまだこれから!

内海 哲也(読売ジャイアンツ) | 個人別年度成績 | 日本野球機構 https://t.co/bw2toflkEz #NPB #巨人 #giants #ジャイアンツ

現埼玉西武ライオンズ
大阪桐蔭高校出身
森友哉。

同い年でものすごいスーパースター。いまもプロ野球で活躍してる強打者!

インサイドアウト、フォロースルー、間合い・タイミング、スイング軌道全て完璧

#高校球児よ
#森友哉参考にしよう

https://t.co/y0PKQdqnKS @YouTube

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る