ブログ


浦和学院、花咲徳栄が関東大会へ 春季県大会

 春季高校野球県大会は3日、県営大宮球場で準決勝2試合が行われ、浦和学院と花咲徳栄が決勝進出とともに関東大会出場を決めた。両校による決勝は昨秋と同一カード。関東大会出場は浦和学院が4年連続17度目、花咲徳栄が3年ぶり8度目。

 第1試合は4連覇を狙うAシード浦和学院とBシード上尾の対戦。上尾は1回裏、1死満塁から大橋の遊ゴロ併殺崩れと瀬田の左安で2点を先制する。対する浦和学院は3回表、1死一、三塁から家盛の右安と幸喜の犠飛で同点に追い付く。

 突き放したい浦和学院は7回表、この回から登板の渡部を攻め立て、1死満塁から押し出し四球で逆転に成功。上尾はその裏、1死一、三塁から亘理の遊ゴロが敵失となり同点とする。

 同点のまま最終回へ。浦和学院は9回表、1死二、三塁から幸喜は一ゴロ。三塁走者を三本間に挟むが、捕手の悪送球で再び勝ち越した。さらに、2死二、三塁から蛭間の左安で2点を追加し、6-3とリードを広げた。その裏、上尾は四球や敵失で1死一、二塁のチャンスを作るが、後続が倒れて試合終了。浦和学院が上尾を6-3で破り、決勝進出。上尾は7回の押し出し四球や最終回のミスによって勝ち越しを許したのが悔やまれる。

 第2試合は初のベスト4に進出した山村学園と選抜に出場したAシード花咲徳栄の対戦。花咲徳栄は2回表、1死満塁から網脇の投ゴロの間に1点を先制。2死二、三塁から野本の遊安でさらに1点を追加した。

 花咲徳栄は5回表、2死一、三塁から二盗と遊撃手の失策で三塁走者がホームイン。3-0とリードを広げた。対する山村学園は5回裏、2死一、二塁から山本の中前適時打で1点を返す。

 1-3とリードを許し、追い込まれた山村学園は9回裏、先頭の菊地が四球で出塁。続く日置は左安で無死一、二塁とチャンスを広げる。佐々木は犠打で1死二、三塁とし、島崎の一ゴロの間に三塁走者がホームイン。1点差に詰め寄る意地を見せたが、後続が倒れて試合終了。花咲徳栄が山村学園を3-2で振り切って決勝進出。

 4日は県営大宮球場で決勝戦、浦和学院-花咲徳栄の試合が実施される。当初は10時開始の予定だったが、悪天候が予想されるため12時開始に変更された。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る