ブログ


山村学園、所沢商に延長サヨナラ勝ち 春日部工、昌平破る 春季地区予選

 春季県高校野球地区予選は16日、4地区の7球場で代表決定戦計20試合が行われた。

 東部地区では、春日部工が12安打を放ち、2-1で昌平に逆転勝ち。栄北は6-5で草加に競り勝った。獨協埼玉は3回裏に奪った1点を守り切り、1-0で杉戸に勝利。越ヶ谷、草加西も県大会進出を決めた。

 西部地区では、昨秋8強の山村学園が古豪所沢商に競り勝った。6回表に3-3の同点に追い付かれ、そのまま延長戦に突入。10回表、所沢商に勝ち越しを許すが、その裏、山村学園が左翼へ2ランホームランを放ち、5-4でサヨナラ勝ち。ふじみ野は3-0で市立川越を破り、埼玉平成は6-2で山村国際を下した。川越工、西武文理、星野もそれぞれ勝利した。

 南部地区では、西武台-市立川口の好カードが行われ、西武台のエース唐沢が9安打されながらも6-5で逃げ切った。大宮東は菅原が12三振を奪い、大宮北に7-1で勝利。浦和学院は川口青陵を6回コールドで下した。そのほか、南稜、慶應志木、蕨が県大会へ駒を進めた。

 北部地区では、松山が上尾南打線を1安打に抑え10-1で7回コールド勝ち。本庄東は熊谷を7回コールドで破った。桶川は進修館に3-2で競り勝ち、県大会進出を決めた。

 17日は4地区の7球場で代表決定戦計16試合が行われ、県大会に出場する39校が出そろう。

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

最近の記事

Twitter

埼玉県公立高校入試まであと「133」日

内海哲也(通算:133勝)

内海が勝たなきゃ巨人じゃない!まだまだこれから!

内海 哲也(読売ジャイアンツ) | 個人別年度成績 | 日本野球機構 https://t.co/bw2toflkEz #NPB #巨人 #giants #ジャイアンツ

現埼玉西武ライオンズ
大阪桐蔭高校出身
森友哉。

同い年でものすごいスーパースター。いまもプロ野球で活躍してる強打者!

インサイドアウト、フォロースルー、間合い・タイミング、スイング軌道全て完璧

#高校球児よ
#森友哉参考にしよう

https://t.co/y0PKQdqnKS @YouTube

埼玉県は関東勢で唯一優勝経験がなかったが、2017年の夏の高校野球甲子園大会での初優勝には歓喜に沸いた #埼玉あるある

応援団の水かけ
秋季高校野球・埼玉大会にて
得点が入った時などの水かけ、埼玉大会ではよくやっているようです。
#高校野球 #秋季大会

埼玉県立熊谷高校硬式野球部顧問、赤坂であります!#サカスあるある

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る