ブログ



花咲徳栄、初戦は熊本・秀岳館と対戦 第88回センバツ

 第88回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が11日、大阪市内であった。3年ぶり4回目の出場の花咲徳栄は、第4日(23日)の第3試合で、昨秋の九州大会の優勝校・秀岳館(熊本)と対戦する。

 午前9時から始まった抽選会。右手でくじをひいた花咲徳栄の岡崎大輔主将は「花咲徳栄高校、24番です」と、しっかりとした声で名乗りを上げた。その後、秀岳館の九鬼(くき)隆平主将が23番をひきあてると、場内で主将同士の目があった。

 前日10日にあった各主将が参加するトークイベントの会場で、岡崎主将がたまたま話しかけた相手が九鬼主将だった。「秀岳館は打撃がいいらしいね」「花咲徳栄の投手、すごいんじゃないの」。お互いをたたえ合ったばかりの偶然に、岡崎主将は心の中で「おお!」と小さく驚いた。

 堅守の花咲徳栄と強打の秀岳館――。今大会、対照的な両チームは、花咲徳栄が選抜大会に初出場した第75回大会の2回戦以来、13年ぶりの対戦となる。この時は、延長十三回まで戦い、4―3で花咲徳栄がサヨナラ勝ちした。

 抽選会終了後、岩井隆監督が「最初は静かに入っていって、接戦に持ち込めれば」と話すと、秀岳館の鍛治舎(かじしゃ)巧監督は「初回が最終回だと思って(最初から)やります」と、こちらも対照的な答えで応じ、笑顔で握手を交わした。

 今月の沖縄合宿の練習試合で2連勝を挙げ、順調に仕上がっている花咲徳栄。岡崎主将は「『朝早いのはやめて』と仲間に言われていたので、第3試合でよかった。県民の代表としてがんばりたい」と力強く話した。

拍手する

          


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

最近の記事

Twitter

埼玉の高校野球と云えば‥

花咲徳栄&浦和学院の2強を
共栄をはじめ数校が後を追う
イメージだったが‥[監督の差]

何だかんだ言っても‥夏は,
徳栄が仕上げて来るだろう⚾
思うようになったな。

♯花咲徳栄
♯森士さん

秋季高校野球埼玉大会準優勝の東農大三高へ。写真はグラウンド横の土手を黙々と走る選手たち。就任4年目の31歳高廣監督は東農大OB。大学近くにある僕が大好きな勢得(つけ麺・ラーメンの美味い店)の話を振ると「懐かしい!よく行きましたよ」とのことでした(^^)
記事はエールスポーツ埼玉の次号で!

2017年度ドラフト会議において3位で埼玉西武ライオンズに指名されたヴァンプ高校野球部の佐藤輝投手
最速149km/hを誇る直球を武器にプロの世界でどこまで活躍出来るかに期待がかかる。
能力値
球速 149km/h
コントロール D
スタミナ E
変化球 スライダー3 フォーク3

埼玉県立熊谷高校硬式野球部顧問、赤坂であります!#サカスあるある

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る