ブログ


<熱球譜>上尾南3年・角田航平主将 笑顔で大声で仲間を鼓舞

201507150706

 2失点し、1-3と勝ち越された五回裏。相手の猛攻が終わると、ベンチから飛び出てグラウンドに駆け寄った。「大丈夫。切り替えていこう」。守備を終えて戻ってくるナインに笑顔で大きな声をかけ、手をタッチして励ました。

 昨秋に先輩たちが引退した後、選手たちの投票で主将に選ばれた。松崎裕二監督からも「仲間思いで、信頼できる」と一目置かれてきた。ただ、選手としてスタメン入りすることはなく、代打を務めたことしかない。「自分の役割はプレーで引っ張ることではなく、ベンチから明るく元気に声をかけること」

 今春の県大会地区予選は2回戦でコールド負けし、県大会出場を逃した。その後の練習で覇気のないプレーが続くようになった。そのたびにナインを集めて「引きずるな。夏に勝ちたいなら、気を抜かないようにしよう」と鼓舞した。

 この日もグラウンドに立つことはなく、ベンチで戦い抜いた。昨夏と同じ初戦敗退となったが、「自分たちの野球はやり通せた。充実した三年間でした」。目に涙を浮かべたものの、悔いはないつもりだ。

(東京新聞埼玉版)

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る