ブログ


早大本庄・野口陸良投手 元平泳ぎ覇者、けが越え

 異色の経歴を持つ投手がマウンドに戻ってきた。小学6年でJOCジュニア五輪平泳ぎで優勝し、水泳界の期待を集めたが、息抜きで始めた野球が水泳より好きになった。「自分の好きなことをしたい」。そう決意し、中学2年から野球に専念した。

 昨年、3年が引退してエースナンバー1を得たが、今年3月に右肘を疲労骨折。手術し、肘に負担のないフォームに変えた。夏までに1試合しか登板できなかったが、6月下旬、再び背番号1を託され、「お前がエースじゃなきゃだめだ」。福永泰規監督の言葉を聞いたとき、涙があふれた。

 この日は6回途中で登板し、3分の2回で被安打4、自責点3。「マウンドに送ってくれた監督に感謝している。もう一度手術し、大学では万全な状態でマウンドに立ちたい」。夏は終わったが、涙は流さなかった。

(産経新聞埼玉版)

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_野球

最近の記事

Twitter

埼玉県公立高校入試まであと「133」日

内海哲也(通算:133勝)

内海が勝たなきゃ巨人じゃない!まだまだこれから!

内海 哲也(読売ジャイアンツ) | 個人別年度成績 | 日本野球機構 https://t.co/bw2toflkEz #NPB #巨人 #giants #ジャイアンツ

現埼玉西武ライオンズ
大阪桐蔭高校出身
森友哉。

同い年でものすごいスーパースター。いまもプロ野球で活躍してる強打者!

インサイドアウト、フォロースルー、間合い・タイミング、スイング軌道全て完璧

#高校球児よ
#森友哉参考にしよう

https://t.co/y0PKQdqnKS @YouTube

埼玉県は関東勢で唯一優勝経験がなかったが、2017年の夏の高校野球甲子園大会での初優勝には歓喜に沸いた #埼玉あるある

応援団の水かけ
秋季高校野球・埼玉大会にて
得点が入った時などの水かけ、埼玉大会ではよくやっているようです。
#高校野球 #秋季大会

埼玉県立熊谷高校硬式野球部顧問、赤坂であります!#サカスあるある

もっと読み込む...

アーカイブ

ページ上部へ戻る