ブログ


1年生部員が10人、開智が開幕戦制す

開智対新座総合技術 6回終了後にグラウンド整備を行う両チーム選手と関係者

6回終了後にグラウンド整備を行う両チーム選手と関係者

<高校野球埼玉大会:開智8-7新座総合技術>◇10日◇1回戦◇県営大宮

 16人の部員中、1年生が10人を占める開智が開幕戦を勝利で飾った。

 試合時間2時間48分の長丁場を制した。 

 前日の9日までテスト期間中で、最後に全体練習を行ったのは6月30日だった。平日も月曜と木曜は特別補講がある生徒がおり、全体練習は出来ない。限られた時間の中で集中した練習を積んできた。篠崎優監督は「全体でのノックやフリーバッティングも出来ない中で、集中して戦ってくれた。選手たちが独自に話し合って朝練をしている」と労った。

◇新座総合技術、チャンス活かせず11残塁で敗退

 新座総合技術はチャンスにあと1本が出ず、姿を消した。

 相手のボークやパスボールで点を重ねたが11残塁が響いた。

 主将の古内樹泰(みきやす)内野手(3年)は「3年間やってきて楽しくプレーできて良かった」とすがすがしい表情を見せた。

(日刊スポーツ)

拍手する



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

Twitter

アーカイブ

ページ上部へ戻る